最近、またひとつ読める韓国語の単語が増えました「로그인」=ログインですw

その1
コミコのサービスサポートさんへ問い合わせたところ、コメント欄の閉鎖予定は平成29年5月20日頃とのこと。残念ですが、おそらくそれを過ぎると完結枠へ移動なのでしょう。

その2
作者さまのツィッターに中島みゆきの「糸」の動画が貼ってあります。
「おぼろげに」“プロローグ”の初見コメントの多くは「縦の糸はあなた~」ですものね。
中島みゆき姐さんご本人が歌っている動画みつけましたので、貼っておきます。(音出ます!)




→どうも期間限定で公開されているようです。また非公開になるとリンクが切れますが、よければぜひ。
 ステレオで聞けるとかなり音もいいですよ!


それから、カウリが入学する学校の名前が、日本語版で「雨和院」となった経緯や、PCからは日本版のコメントが見られなくなったことについて。
(昨年コミコ秋の改悪でPCからチケット・有料話・コメントが見られなくなっていました。今は改善されています。)

また韓国版へ行かれた方は気づかれたと思いましたが、韓国版の吹き出しは「横書き」、日本版は「縦書き」なので、いろいろご苦労があったようです。ローカライズ、思っていたよりも大変なのですね。アメコミなんかは吹き出し横書きのままのことも多いと思うのですが、雰囲気を重視しているのでしょうか。

では!



# by oboroge310 | 2017-04-24 01:48 | お知らせ | Comments(4)

「おぼろげに」通信

(追記2017.4.20)
管理人です。
ただいま運営お問い合わせやその他もろもろのため、多忙にしております。
すみません、数日更新、コメントへのお返事遅れると思われます。
どうぞよろしくお願いいたします。

参考までに:問い合わせ、PCからもできることを発見しました。
作業効率アップです。

お目汚し申し訳ありません。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


メンテナンス、無事終了しました。
まだHTMLよくわかっていないので、時機を見てまたさせてくださいね。

タイトルは大袈裟ですが、いくつかファンの方むけのお知らせです。


その1

メガネ男子とポニテ男子のコメントで教えていただいた、「おぼろげに」のクリスマス画像がみつかったので、
リンク張らせていただきました。

画像貼るとつまらないので貼りません。

おそらく日本版comicoでも前やっていた季節限定イラスト企画だと思います。下へスクロールして探してください。

こちらからどうぞ



その2

作者さまのツィッター にて、先週の京都旅行の様子をつぶやかれています。

見慣れた日本の風景と外国語(この場合はハングル)の組み合わせが、逆に見慣れない感じです。
特に「桜」のハングル表記が新鮮でした。

日本版「おぼろげに」のコメントでおっしゃていた方もおいででしたが、あの時、いろいろ嫌な思いもされたであろうに、
日本を嫌いにならないでいてくださって、本当に有難いです。

では!







# by oboroge310 | 2017-04-19 12:00 | お知らせ | Comments(0)

メガネ男子とポニテ男子

「おぼろげに」作者ふぃるる さま からリンクの許可をいただいたのでご紹介させてください。

今年のエイプリルフールの画像がブログにアップされています。

     (ブログはクロムの「翻訳しますか?」機能をつかえば、日本語で読むことができます。)


d0359262_22305999.jpg

これは「おぼろげに」のキャラクターが現代に転生したというコンセプトで描かれたもの。

ブログでは絵の少し下にあるリンクをクリックすると、まるでコミコで連載されているかような画像も見られます。


っていうか、このコンセプトのスピンオフ、すっごく読みたいんですけど?

やはりアゲハさんがいろいろやらかしちゃって、カウリが後始末するんでしょうか??

妄想が止まりません(笑)。



(画像出典:ふぃるる http://m.blog.naver.com/dajang0323/220973518968




# by oboroge310 | 2017-04-15 22:44 | 登場人物 | Comments(4)


d0359262_22561009.jpg

下の続きです。


その2.日本語版と韓国版を比較して、とりあえず自動翻訳されにくそうな「おぼろげに」用語をピックアップしてみる。


→こちらは進行中。セリフが1対1で対応していないのでやっぱり時間がかかります。

でも、絵に癒されながらなので、結構楽しい♪。



そんな中、最初にヒントをもらったのは「雨和院」という語。


ハングルは:「우화원」、グーグル先生の答えは「寓話ウォン」、日本語版では「雨和院」。


へ?


Google翻訳では発音も表示されていることに気づく。

発音は英語表示で「uhwa won」(発音記号だったらお手上げだったよ)


たぶん、「uhwa 」→「雨和(うわ)」。

で、「」を検索。「ウォン(貨幣の単位?)」、「円」、「員」、「園」、「源」とか。


翻訳された方が「雨和園」じゃ幼稚園みたいということで「雨和院」にしたのかも、と勝手に想像。


ここからGoogle翻訳で突拍子もないカタカナ語やワケワカンナイ語などが出たときは、

グーグル先生ったら訳せなかったから、発音でごまかしている表示している、と考え、

ハングルから検索して推理することにしました。


でも、日本語では「雨和(院)」と「うわーーーー!!!(いん)」と同じ発音だってわかっていたのかな。

だって、「雨和院(2)」のコメント欄、楽しそうだもの。


(画像出典:ふぃるる「おぼろげに」 http://comico.kr/titles/426/chapters/2)








# by oboroge310 | 2017-04-15 11:57 | 韓国語奮闘中 | Comments(1)

韓国版「おぼろげに」が読みたい。もっと知りたい。でも日本語しかできない。

韓国語習得を王道、正面から突破しようとしたら、いつになるかわかりません。
そこで最低限の努力で突破するにはどうしたらいいか。

とにかくGoogle翻訳だけでは、無理とわかったので、単語を調べるなど多方面からアプローチすることにしました。

その1.単語を翻訳サイトで検索して推測する(Kpedia、NAVER韓国語翻訳サイトなど)
    
そのためには単語だけとはいえ、とにかくハングルを入力できなければ、検索できません。

ネットでハングルは子音+母音(+子音)でできていると分かったので、本屋さんで一番簡単な日本語でいうところの五十音図みたいなやつと、キーボード表がついているものを買ってきました。

そしてネットで見つけたおすすめの本が電子書籍になっていたのでこれをGET。
結果、これが大当たりでした。(私は。)(アフィリエイトじゃないのでリンクなしです。)

「1時間でハングルが読めるようになる本」 
ヒチョル式超速ハングル覚え方講義
著者 チョ・ヒチョル    (株)学研パブリッシング

例えば「이」は「イ」と読むのですが、これは「マルイの法則」で覚えます。
『「이이」は丸井デパートの看板』と。そして著者の方によると『韓国人にはこれがハングルにみえてしょうがありません』とのこと。
(以上「1時間でハングルが読めるようになる本」より)

なんとその場で「이」を覚えることができました。
他もこんな感じで、敷居が低く、読み終わったらかなり心が軽くなりました。

そしてキーボードです。
JIS規格のキーボードではどのキーがどのハングルに対応しているのかわからないのですが、表を見ながらだと打ち間違いが多く、さてハングルシールを作って貼るのも面倒(ものぐさ)と思い、ハングルの入力はiPadですることにしました。

私はiPadではキーボードを左右に分割して使っています。
       (理由は分割したキーボードではiPadでもフリック入力とテンキーが使えるからです。)

偶然ですが、ハングル入力時もこれが使いやすい。
なぜなら左半分が子音、右半分が母音になるから。
左右交互に入力すれば、いいし、子音を探すときは左、母音を探す時は右と楽だからです。
 (まだ探すのにかなり時間がかかるからね。)



d0359262_23005376.jpg

その2以降はまた後日。

最後にiOSの方の韓国語キーボードの追加方法。
設定→ 一般→ キーボード→ キーボード→ 新しいキーボードを追加(一番下のほう)、で韓国語を選択、です。(iOS 10.2.1)

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   *  *  *  *

そろそろ感想やわからないところを書き込める記事を作ろうと思っているのですが、いろいろ準備に時間がかかっています。
ごめんなさい。
ここのところ、ここにかかりきりだったので、とりあえず仕事と掃除をやっつけます。


 





# by oboroge310 | 2017-04-14 21:32 | 韓国語奮闘中 | Comments(0)